テトリス日和 | 生きてての感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 橋本冬夏 on  | 

みんなへ

半月ぶりです。
やはり月末にかけて気が沈んでしまうらしく、寒さもあって、
感情が鈍ったまま過ごしてしまいました。
でもこうして更新できてるということは、パワーが湧いてきたということです。

今回の憂鬱期から抜け出せた経緯は、これからも覚えておかなければと強く思いまして、
こうしてブロクをしたためています。ブロクをしたためるって言うんですかね?

私は精神的にすごく落ち込む時期が定期的にあって、社会人になってからというもの、それが顕著になりました。
死にたい死にたいと悩むのです。
それが今回の憂鬱期では死にたい死にたいから、死んでみよう!という次の段階へいきました。
死んでみよう!という考えはとても幸せでぱぁっと周りが明るくなるような気持ちに私をさせてくれました。
ああ!死んでいいのか!よかったんだ!みたいなふわふわした感じです。

その日は会社を休んだので家にいました。
そしてあることに気付きました。
あれ?おはようって言われるのってお礼言うほどのことだっけ?
人が話しかけてくれるってこんなにうれしいっけ?
人が作ってくれたご飯って泣くほどおいしかったっけ?

涙が出て止まらなかった。涙があふれて止まらないというのはこういうことなんだなと思った。
色んな気持ちがキャパオーバーしたというか。
これを書いてる今も泣きそうだし、というか泣いているし、なんかですます口調じゃなくなっちゃてるし、ぐちゃぐちゃだけど、全然苦しくないのは何でだろうね。
ありがとうっていいながら泣きまくる。

部屋で1人で泣きながら走馬灯を自主制作していくみたいに、色んなことを思い返しました。
色んなことがあったけれど振り返ってみれば、いい人生だったなあと思いました。
話しかけてくれてありがとう。一緒に帰ってきてくれてありがとう。遊んでくれてありがとう。
特に家族と友だちに、ありがとうをありがとうと言いたいです。
人からありがとうを言ってくれる幸せより、自分がありがとうって言ってる時間が幸せだったんだなあと思ったのです。

今回はちょっと重い荷物をしょうのに慣れすぎちゃったんですかね。
死のう!という方向であっても吹っ切れて身軽になって見えたのもは、みんなへの感謝でした。
本末転倒感謝感激雨霰。
私はまだまだみなさんにお返しできていないので、これからも生きようと思います。
本当に本当に、人のおかげで生きているんだと痛感しました。
それが私の思い込みでも今日も支えられています。

ありがとうございました。

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

真冬の夜の

たまに脳みそが暴走します。

私はふと子供時代の何気ない覚えている必要もないような風景が見える時があります。
小学校の下駄箱に落ちる影とか、友だちが紐履を結んでいる様子とかそういう風景です。

この前はさらにおかしなことが起きました。
お風呂に入って体を洗っている時、ふと友だちが「トップバリュ」と言った口元の映像が入ってきました。
気づいた瞬間私は口に泡を溜め込んでいて、
とっさに「トップバリュ!」と言って口から泡を吹き出しました。
自分でも訳がわからなくて、なんだ今のは?!となりました。

自分で書いてても意味わからないですね。
上手く伝えられていないんですけど、わかりますかこの感覚。

不思議です。

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

松夢

お久しぶりになってしまいました。
早くあったかくなってほしいです。

それはそうと、この間めっちゃリアルなマツコの夢を見ました。
夜中、自分の家でマツコと電話する夢でした。
夜中に家にいる夢というだけでだいぶリアリティがありますよね。
夢と現実が同じ時空にあるような感じです。
私はマツコと他愛のない会話をしていました。

通話途中で電波が悪くなって電話が切れてしまって、もう遅いし寝るかーと思ってたところにマツコから電話がきました。
その電話越しのマツコの声が響いてたので、私が「今マツコお風呂に入ってるでしょ!」って言ったこととか、ものすごくリアルでした。
朝起きた時、昨日マツコと夜遅くまで話し込んじゃったと思えるくらい、
もう現実でもいいかなって思えるくらいです。

ここまでリアルな夢を見たのは初めてだったのでショッキングでした。テレフォンショッキング
夢ってすごいですね。
このまま色んな楽しい夢を見られたら私はどうなるんでしょう。

ちなみに私は普段マツコに話を聞いてもらいたいと思っているのですが、
なぜか夢の中ではマツコの話に付き合っている側でした。
夜中家で好きな人と電話する夢シリーズ化希望です。

あと最近はマミーポコパンツという言葉にはまっています。

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

2014年を受け流す

あけましておめでとうございます。

2015年になりましたね。
2015年元旦ですが、2014年を振り返ってみようと思います。
私は過去に囚われてる人間なので、2015年を迎えてから2014年を振り返るのも自分らしいなと思いました。

みなさんどうでしたか2014年。
私は1番やり直したくて1番つまらなくて1番自分が嫌いになった年でありました。
4月から社会人デビューしたのがもう辛くて辛くて。
※私は俗に言うブラックに勤めています。
このブログを始めたのも仕事が嫌過ぎて始めたようなものです。

いや~、ほんとに最悪の年だった!と今なら過ぎたこととして受け流せるような気がします。
負った傷は受け流せませんが。

仕事に明け暮れていたせいかあまり遊ぶことができず、
そのせいか遊んだ記憶は事細かに覚えていたりします。
それが悲しいことなのか嬉しいことなのか分かりません。
分からない気持ちばかりですが、感謝の気持ちはいっぱいです。

マナー悪い人を菩薩の目で見ていたような自分が、マナー悪い人に喧嘩売っていくという、攻撃的な性格になってしまいました。
ツイッターなんかでも死ねなどメンヘラ発言ばかりしてしまって。
申し訳ありませんでした。今は反省していますが、攻撃的な姿勢は続くと思います。
仕事をしている限り戻らないと思います。
戻るというと穏やかな自分が本性みたいですね。そうではなくて、以前の自分です。
今の性格が本性なのかもしれませんし。
ストレスで性格は変わるんですね。

前置きが長くなりましたが、そんな自分に関わってくれている人みなさんに感謝しています。
ありがとうございました。
「これからもよろしくお願いします」と責任感のあることは言いません。
「合わないと思ったら切ってください。よろしくお願いします。」

そして今年はなぜ最悪な年にはならないのか、年内に仕事を辞める予定だからです。
仕事についても色々と思うことがあるので、また改めてお話したいと思います。
多分結構な暗い内容になると思いますよ。

感謝の気持ちを述べると死にたくなるのはなんでしょうかね。

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

文化祭クラスTシャツに私の名前が入っていなかった話

他人がすることに対して寛大なのですが、
寝に持ってるとはいかずとも印象に残っている出来事があります。

以下、文化祭クラスTシャツに私の名前が入っていなかった話。

高3の時でした。
文化祭でクラスTシャツ作るじゃないですか。
私、あれに名前入れ忘れられてしまったことがあるんです。
Tシャツの後ろにクラス全員の名前が手描きで描かれているデザインだったのですが、
実際は私以外のクラス全員の名前が書かれたクラスTシャツでした。
名前順なのに抜かされちゃってたんです私。

そのデザインをした人を責める気持ちは全然ありません。
なぜなら、この結果は偶然じゃなくて日々の積み重ねだと思ったからです。
私は影が薄いです。
普段から存在を主張しないように、なるべく音を立てないようにして動いているし、暗いし、インパクトはないただのクソブスだし、
いわばこうなって当然の人間なんです。

そのことを決定的な象徴として、クラスTシャツに名前を忘れられるという出来事が起きたんです。
ちなみに誰からも謝罪はありませんでした。誰のデザインかも分からないですし。

一度球技大会で文化祭の時のクラスTシャツをみんなで着よう!という話がホームルームで出たのですが、
「クラスTシャツ捨てちゃった人いる?」という質問がきた時、
クラスで唯一私だけ捨てました、と手を挙げました。
その時は席が1番前でしたが、多分手を挙げたのは私だけだったでしょう。
私が手を挙げた時の教室がざわっとした感じからして「ああ、先生もみんな私の名前が書かれてないのを知っているんだな」と察しました。
その結果、球技大会ではクラスTシャツは着ないことになりました。
私と近いようでとても遠い、キラキラ青春真っ只中にいる高校生たちが、私に一歩引いた瞬間でした。
当時からリア充爆発しろとは思わない性分なのですが、私の打った弾がキラキラ高校生たちに見事命中した瞬間でした。
少しでしゃばったマネをしたかなと思います。

でも実はこの話、ちょっと続きがありまして。時効ですから言わせてください。
クラスTシャツ捨てたなんてウソです!
ごめんなさい。
だって自分の名前だけ乗ってないクラスTシャツだなんて面白すぎるじゃないですか。
大切に保管してありますから。

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。