テトリス日和 | 生きてての感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 橋本冬夏 on  | 

オフィスビルの明かりを眺める

向かいの高層オフィスビルの観察始めました。
観察している所は、ズバリ「明かり」です。
1時間ごとに携帯で写真を撮っています。

明かりがついているということは、あの明かりのついた場所で誰か会社にいるということです。
現在9時。まだまだ明かりはついてます。
11時位までは普通についてるんですよ。

ぼーっと好きな音楽を聴きながらお菓子を食べ、夜遅くなって徐々に消えていくオフィスビルの明かりを見るのが日課になりつつあります。
センチメンタル社畜~♪

私は社会人が嫌でしょうがないです。
でも、あそこでまだ私より長く働いてる人がいるのかと思うと、何て言うんでしょう。
まだ働いてる人をみて安心してる気持ちもあるかもしれません。
でも、がんばれって純粋に思えるんです。卑屈になってる私が。

そんなビルの明かりに仲間意識を感じで私もがんばろうと思うんですが、奴ら土日は真っ暗なんですよ。
土日も仕事な私は、勝手に裏切られたような気がしてしまって虚しくなります。

こんな思いをしてまで働く意味はあるんでしょうか。
お金が体から湧いてきたらいいなあ。

スポンサーサイト

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://psmp00.blog.fc2.com/tb.php/96-0d227580
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。