テトリス日和 | 生きてての感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 橋本冬夏 on  | 

みんなへ

半月ぶりです。
やはり月末にかけて気が沈んでしまうらしく、寒さもあって、
感情が鈍ったまま過ごしてしまいました。
でもこうして更新できてるということは、パワーが湧いてきたということです。

今回の憂鬱期から抜け出せた経緯は、これからも覚えておかなければと強く思いまして、
こうしてブロクをしたためています。ブロクをしたためるって言うんですかね?

私は精神的にすごく落ち込む時期が定期的にあって、社会人になってからというもの、それが顕著になりました。
死にたい死にたいと悩むのです。
それが今回の憂鬱期では死にたい死にたいから、死んでみよう!という次の段階へいきました。
死んでみよう!という考えはとても幸せでぱぁっと周りが明るくなるような気持ちに私をさせてくれました。
ああ!死んでいいのか!よかったんだ!みたいなふわふわした感じです。

その日は会社を休んだので家にいました。
そしてあることに気付きました。
あれ?おはようって言われるのってお礼言うほどのことだっけ?
人が話しかけてくれるってこんなにうれしいっけ?
人が作ってくれたご飯って泣くほどおいしかったっけ?

涙が出て止まらなかった。涙があふれて止まらないというのはこういうことなんだなと思った。
色んな気持ちがキャパオーバーしたというか。
これを書いてる今も泣きそうだし、というか泣いているし、なんかですます口調じゃなくなっちゃてるし、ぐちゃぐちゃだけど、全然苦しくないのは何でだろうね。
ありがとうっていいながら泣きまくる。

部屋で1人で泣きながら走馬灯を自主制作していくみたいに、色んなことを思い返しました。
色んなことがあったけれど振り返ってみれば、いい人生だったなあと思いました。
話しかけてくれてありがとう。一緒に帰ってきてくれてありがとう。遊んでくれてありがとう。
特に家族と友だちに、ありがとうをありがとうと言いたいです。
人からありがとうを言ってくれる幸せより、自分がありがとうって言ってる時間が幸せだったんだなあと思ったのです。

今回はちょっと重い荷物をしょうのに慣れすぎちゃったんですかね。
死のう!という方向であっても吹っ切れて身軽になって見えたのもは、みんなへの感謝でした。
本末転倒感謝感激雨霰。
私はまだまだみなさんにお返しできていないので、これからも生きようと思います。
本当に本当に、人のおかげで生きているんだと痛感しました。
それが私の思い込みでも今日も支えられています。

ありがとうございました。

スポンサーサイト

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://psmp00.blog.fc2.com/tb.php/124-42060cca
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。