テトリス日和 | 生きてての感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 橋本冬夏 on  | 

書くネタが思い出せない

書くネタがあったはずなんですが、思い出せません。
うだうだ書いてるうちに思い出せるかなと思いましが、やはり思い出せません。

またまた千と千尋の話になります。
「一度あったことは忘れないものさ。思い出せないだけで」
というセリフがあります。
数ヶ月にこのセリフを聞いた時、初めて意味が分かったような気がして心が震えたのを覚えています。

このセリフを聞くと、千尋はハクと会ったことは忘れてしまうのではないかと考えますよね。
そう思うととっても切ないのですが、千尋はハクが思い出せないだけで心のどこかにハクは残っているのです。
このセリフがあることで、私の千尋とハクへの思いは救われています。

今まで生きてきたできごと、全て思い出すことはできません。
でも私の心のどこかにきっと今までの全部がいるのです。
自分が愛おしく思えてきませんか。
忘れていたことをふと思い出した時、それを実感する気がします。
懐かしいともちょっと違うような感覚です。

赤ちゃんの時の記憶は消えると聞きましたけどどうなんですかね。
確かに思い出せないです。
何の理由があるんでしょう。気になります。

スポンサーサイト

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://psmp00.blog.fc2.com/tb.php/106-aa1a2214
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。