テトリス日和 | 生きてての感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 橋本冬夏 on  | 

俯きの世界と虫

今日、駅のホームであることに気付きました。
私の長年の考えを揺るがしたできごとです。

ホームを歩いている時、ホームの黄色い線辺りでちょうちょの死骸を発見しました。
それを横目で見ながら、いつも電車を待っているところに並んでいました。
私は虫が大っ嫌いで、虫センサーが敏感なせいで人よりたくさんの虫を見つけてしまうのかと思っていました。

今回も、私以外の歩行者はちょうちょの死骸に気付かないようでした。
ちなみに、日曜日の新宿駅のホームだったんでそれなりに人通りはあったと思います。
そして観察してから初めて気づいたっぽい人が現れました。
3歳くらいの子供でした。なかなかの虫センサー持ちです。
そして2人目。これまた小さい子供でした。

なんで2人とも子供なんだろ?疑問に思いました。
考えてみたところ、子供と私の共通点を発見したのです。
それは目線です。
私は外を歩くとき、下を見ながら歩いてしまう癖があります。
子供は背が小さいので、大人より目線が低く地面が近いですよね。
これだ!と思いました。

そうなると、今までの私の信じる虫センサーは存在しなくて、ただの俯き野郎だっただけということになりますよね。
いや、それでも私に虫センサーはあると信じてますが。
でもほぼこの癖のせいっぽいです。

なんだか妙に惨めな気持ちになりました。
虫に気付かない人、胸を張って歩いている証拠じゃないですか。
虫の死骸を見つけなかったこと、幸せなことなのかもしれません。
私みたいに虫を見つけやすい人、ひょつとして猫背じゃないですか?
虫の死骸以外にも、普通に前を見て歩いている人には気付かないようなものが、俯きの世界には見えるのかもしれません。

俯きの世界で見えたものがあったら、教えてほしいです。

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

夜に恋

コップの中の氷が動いた音にびっくりして、椅子から転げ落ちたことにまたびっくりしています。

こんばんは、久々のブログですね。今は前のように時間が取れないけど、こうしてたまにでも書けていけたらいいなと思います。
書きたい時に書くというスタンスで。

久々の更新だからと言って、今日何か特別に思うことがあったわけではありません。
ただ、最近ブログ更新してないなと思ったので書いています。

今は夜の音が聞こえています。
私は窓を開けて眠れる夜が好きです。
今の時期はそんな感じですよね。
昼間は聞こえづらい音が、夜は静かだから聞こえてるのが好きなのです。
人が歩く音とか、車の走行音とか、電車の走行音とか。
そういう音を聞いて、落ち着くことってあると思うんです。
夜はいいですね。

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

ストレス!たのしい!頭痛!

こんばんは、自称頭痛持ちです。

今日は頭痛と感情について、考えてみようと思います。

種類は片頭痛。
私の場合は定期的になるものではなく、主に外出した時に起こります。
鎮静剤を飲まないと、無意識のうちに吐いていたりする位のレベルのものです。

そしてそれは休みの日遊んでいる時によく起こります。
夕方くらいから徐々に頭が痛くなっていきます。
大体、今日は楽しかった!って思ってる時に頭が痛くなるのです。

小学生の頃から遠足や遊園地に行ったりすると、帰り道で頭が痛くなっていました。
(「帰り」というものは片頭痛にはつらいものです。
と言うのもこの手の頭痛は周囲の光、音、匂い、振動などの影響をとても受けやすく
その他大勢との接触が避けられないバスや電車の移動はキツイものがあるんです。)

それが最近遊んでる最中に痛くなるようになり、悩んでいます。

楽しい!と思うと頭が痛くなるというのは、
体から「お前は楽しむな、休みの日は家にいろ」って言われているような気がして悲しいのです。

なぜ、悲しい時には頭痛にならないんでしょう。
なんで楽しい時に頭痛になるんでしょうか。

楽しいという気持ちが怖いです。
でも楽しいという気持ちをなくしてまで、遊ぼうとはならないじゃないですか。
私はどうしたらいいんでしょうか。

とりあえず、朝早起きして午前中にだけ遊ぶようにすればいいんですかね。
でも早起きするのは、仕事を思い出していやです。したくありません。

夏が1番好きなのに、ひきこもって終わりそうです。

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

5月5日

5月5日の早朝、愛犬が天国に行きました。

急な病気でした。

その日はコミティアでした。
私の中で「行かない」という選択肢はなかったので、普通にサークルとして参加してきました。
でもコミティアのことはよく思い出せなくて、普通ではなかったのかもしれません。
友だちと別れて会場から出た瞬間、どっと涙が溢れてきました。
家に帰りたくない、受け止めたくない、夢だったらいいのにと思いました。

家に着いたら、箱に入って横になっていました。
眠っているみたいでした。不謹慎かもしれませんが、本当にかわいい姿でした。
「ああ、夢じゃなかったんだな」と思うと同時に、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
寂しがり屋な犬だったので、最後に一緒にいられなかったことがとても心残りです。
9歳です。苦しかったと思います。もっと一緒に生きたかったです。

その日の夕方に火葬場へ向かいました。緑があっていい場所でした。
あんなにかわいらしい形をしたものが、私が毎日抱きしめてきた体が、
焼却炉の中に入っていきました。
熱いんじゃないか、痛いんじゃないか、そんなことを考えながら待っていました。
1時間後に出てきた姿は、真っ白い骨でした。
抜け毛で家族を悩ませた、ふわふわな毛はどこに行ったんだろう。
つんつんされると冷たい湿った鼻はどこに行ったんだろう。
私がいっぱい写真に撮った大好きな肉球はどこに行ったんだろう。
その時初めて剥製にでもした方がよかったんじゃないかと思うほど、肉体にも愛着があったんだと気付きました。
だから、博物館にあるみたいな真っ白い骨になってしまった時は少しショックでした。
目に見えたものがなくなって、代わりに残ったのは骨という普段見えないものでした。

火葬場から出ると、その日はすごく綺麗な夕日だったんです。
私はオレンジ色の空を見た時、愛犬のあの赤い毛は空に行って溶けたんだと思いました。
鼻も、肉球も、目も、行方が分からなくなったのではなく、この世界に溶けたのです。
この世界がある限り、ずっと一緒にいられるんだなと、そう思いました。

ユーモアのある、優しいかわいい子でした。
変わり者で、その分とても賢い子でした。
夜更かしな私の一番の夜の友だちで、夜はよく一緒にいました。
私の話を受け止めてくれていると感じながら、よくおしゃべりをしました。
焼き魚の日は、魚の血合いをもらえるのをきらきらした目をしてお座りして待っていました。
帰るといつもお気に入りのおもちゃをくわえて笑顔で出迎えてくれました。
今は、日が経つうち、泣く回数が減っていくのと一緒に、
体の柔らかさも、寄りかかられた時の重さも、おねだりする時の声も、
忘れていくような気がして怖い。
とてもとても寂しい。でもその寂しさすら愛おしかったり。
だから私はまだその寂しさにもう少し浸かってていたいくらい。
色んな思い出がいっぱいあって、全部ここには書ききれない。
最初から最後まで、こんなにずっと大好きだった存在なんて他にいない。
最後に一人ぼっちにさせてごめんね。
次生まれてくる時は、健康で長生きして、周りから愛されて、どうかお幸せに。
わがままいうと、また赤ちゃんから飼いたいなーなんて。
天国にいるあなたに最上級のありがとうを送ります。
ありがとう!

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback

久々の春

夏やさいのコピー


おひさしぶりです。ほんとお久しぶりです。
春になって出てくる羽虫や露出狂と一緒に、あったかさに釣られてやっと私も出てきました。
冬の間はほとんど顔を出しませんでしたね。
これも羽虫や露出狂と一緒です。
やっぱり寒いのは精神的にも肉体的にもすごく苦手です。
羽虫と露出狂もそうなんでしょうか。
羽虫は越冬するんですかね。露出狂の生態はある意味羽虫より謎かもしれません。

感情も取り戻してきたので、またちまちま更新していけたらなと思います。
冬は何があったのか思い出せないくらい感情が薄まります。
そういえば冬は年越ししたなあって思うレベルです。

話が変わりますが
3日後のコミティア112に出るので、こっちにもちょっと画像貼ってみました。
プリンターのイエローのインクがなくなったので、ピンクと水色だけのものになりました。
ブログのヘッダーでおなじみの男の子なので、調節してヘッダーにも使い回そうと思います。
最初から使い回せるデザインにしておけばよかったですね。

コミティアについてはイベント終了後にまとめて色々書きたいと思います。
反省点がすでにいっぱいですが、すでに楽しかったです。

ではまたこれからもよろしくお願いします。

Category : 未分類
Posted by 橋本冬夏 on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。